45歳のWebエンジニア転職

Webエンジニア求人TOP >> Webエンジニアの転職体験談 >> 45歳のWebエンジニア転職

45歳のWebエンジニア転職

Webエンジニア全体の転職事情を見てみると、45歳という条件に適った募集はあまり多くないのが現状です。しかし、この年齢は、転職のことをよく考えるようになる時期でもあると言えるでしょう。というのも、親の介護が必要になってくる時期ですし、体力的にも衰えが見えてくるので、仕事の量やペースを調整する必要が出てくるからです。Webエンジニアの仕事は、仕事の量や納期の関係で、どうしても残業が急に多くなったり、就業時間が不安定になったりすることが多いものです。そのため、上手に仕事のペースを調整しないと、身体的にも精神的にも大きなストレスを抱えてしまうという事態に陥りかねません。また、家庭のための時間を取ることも大事ですので、上手に仕事と家庭を両立できるようなワークスタイルを見つけることも重要になります。

このように、45歳前後のWebエンジニアが転職を考える理由はたくさんあるのですが、現実的にはこの年齢になると募集が少なくなってしまい、転職をしようにも選択肢となる会社があまりなく、厳しいという傾向があります。しかし、条件を絞ってみると、希望にかなった求人を見つけることもできます。たとえば、全体的にWebエンジニアの求人が多いのは都市部ですので、都市部に絞って転職先を探してみることができるでしょう。そして、単にWebエンジニアという職種で仕事を探すのではなく、WEB制作のプロジェクトマネージャーという形で業務を行う部署の仕事を探してみることもできるでしょう。

45歳のWebエンジニアともなれば、かなりの年月をWEB制作の業務に費やしてきたわけですから、相当の経験とスキルを持っているはずです。それを、新たな分野の仕事に活用してみるのも良いでしょう。もちろん、プロジェクトマネージャーと言っても、Webエンジニアの業務から離れるわけではなく、プログラミングを行いつつも、いろいろな担当部署の作業を監督し、上手に業務を調整していくのが仕事となります。今までの経験をより良く発揮できる場となりますので、やりがいを感じられるでしょう。

また、Webエンジニアとしての長い経験は、より使いやすく効率的なプログラムを開発するための新しいアイディアを生み出す力となるでしょう。このような実績に基づく力も、マネージャーとして活躍する大切な要素となるに違いありません。全体的に見ると求人数は少なくなりますが、評価が落ちているということではなく、新しい分野にチャレンジする良い機会だとみなすようにしましょう。

Webエンジニアの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016 Webエンジニア転職まとめ All Rights Reserved.