Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニア求人TOP >> Webエンジニアの転職のポイント >> Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアは、WEBページ内にある様々なプログラムを構築するのがメインの仕事となります。たとえば、ECサイトであれば、商品を検索して似たような他のアイテムと比較する、買い物カートに入れる、その後決済方法を指定して送付先住所を決めるなど、一連の取引はすべてページ内に組み込まれたプログラムによってなされます。そのプログラムを作るのがWebエンジニアということになります。こうしたプログラムを構築するためには、PHPやJavaScriptなどのプログラミング言語を使うことになります。

プログラム構築という作業自体は、WEBエンジニアのみで行いますが、WEB制作の現場においては何人ものエンジニアとの共同作業となります。たとえば、Webデザイナーもしくはコーディネーターが、クライアントと話し合いをして、サイト全体の構成やデザインを決定をします。そして、グラフィックデザイナーが画像やイラストの内容を決めて、作成まで行うことになります。また、ページごとのサイト構築はフロントエンジニアと呼ばれる技術者が、HTMLなどのコーディングを行うことになります。

特に、このフロントエンジニアとの仕事が多くなるのが、Weエンジニアの仕事内容の特徴となります。というのも、Webエンジニアの仕事はページの中にプログラムを埋め込むというものですが、フロントエンジニアが作ったHTMLのソースの中に、プログラムを埋め込むため、常にフロントエンジニアと協働する必要があるのです。このように、基本的には一人で行う業務内容ですが、周りのエンジニアと一緒に働く機会が多くなります。プロジェクトによっては、フロントエンジニアとWebエンジニアの垣根がほとんどない状態で働くことも多くなります。

現在では、多くのクライアントがデザイン性が高く、機能がたくさん盛り込まれたサイトを求めてきるという傾向が見られます。そのため、一つのページを作る際に、いろいろな技術が必要となってきていますので、どのエンジニアも他の部署と密接に関わりながら働くことになります。Webエンジニアも例外ではなく、チームとして作業を行うことが多いでしょう。また、サイトをアップしたあとも、メンテナンスの仕事も多くあるのが、Webエンジニアの仕事となります。というのも、ECサイトなどにおいては、決済プログラムなどの複雑な機能が多いので、常にチェックとメンテナンスが求められるからです。

Webエンジニアの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016 Webエンジニア転職まとめ All Rights Reserved.