Webエンジニアのスキルと知識

Webエンジニア求人TOP >> Webエンジニアの転職のポイント >> Webエンジニアのスキルと知識

Webエンジニアのスキルと知識

Webエンジニアと一口に言っても、いろいろな分野で働くエンジニアがいますし、それぞれのスキルに応じた業務内容と雇用条件が割り当てられます。当然、幅の広いスキルと知識を持っていて実務経験が長ければ、より責任が重い仕事を任せられるようになりますし、収入などの条件も破格のものが提示されることがあります。それで、Webエンジニアは常に自分のスキルと知識を増していくように努力を払っていく必要があると言えるでしょう。

Webエンジニアとして求められるスキルとしては、やはりRubyやPearl、PHPなどの一般的なプログラミング言語を習得して、使いこなせるようになっている必要があります。また、単にWEBサイト上にプログラムを実装するだけでなく、WEBサーバーの管理やデータベースとの連携などを行うことも多くなっています。そのため、MySQLやApache、OS用にLinuxなどを習得していると、活動の場が広がるでしょう。もちろん、すべての言語を同じように完璧に使いこなすことは難しいとしても、それぞれの言語をある程度使えるようにしておくことは重要です。特に、WEBサイトのプログラムに必要な言語については、そのレベルを高めるようにしたいものです。

こうした求められるスキルと知識については、転職先として考える企業によって異なります。たとえば、WEB制作会社の中にも、比較的シンプルな機能を実装することにしているところもありますし、かなり高度な機能を持たせたサイトを作れるということを売りにしているところもあります。自分の持っているスキルと経験に合わせて、適当な会社を選ぶのがベストでしょう。また、ECサイト運営会社などに入りたいと思っているのであれば、作業内容が細かく分割されていることもあります。そのため、幅広いスキルと知識が必要になるというよりは、特定の分野における高いスキルが求められることもあります。それで、どんな業務がメインとなって、どのプログラム言語が主に使われるかということもチェックしておくと良いでしょう。

このようなプログラムを開発するためのスキルや知識とは別に、一人のエンジニアもしくはビジネスパーソンとして求められるものもあります。たとえば、物販を行うECサイト運営企業などにおいては、電子マネーの決済システムやセキュリティー機能についての知識が必要となるでしょう。また、WEB制作会社によっては、サーバー管理などを同時に行うこともあります。

Webエンジニアの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016 Webエンジニア転職まとめ All Rights Reserved.