Webエンジニアの年収・給料

Webエンジニア求人TOP >> Webエンジニアの転職のポイント >> Webエンジニアの年収・給料

Webエンジニアの年収・給料

Webエンジニアという職業は、他の職種に比べると比較的新しいタイプの仕事と言えるでしょう。サイトを制作するという業務は、本来WEBデザイナーなどがまとめて行っていました。しかし、様々な機能を持つサイトをクライアントが求めるようになったことや、WEB制作における技術やアイディアが多様化しているということで、より専門的で高度な機能を持つサイトを作る必要が出てきています。そうなると、一人のエンジニアがWEBサイトのデザインを決めて、画像を作成し、ページのコーディングを行い、複雑な機能を持つプログラムを作るというのは難しくなります。そこで、それぞれの分野で高いスキルを持つエンジニアが作業を分担するようになっています。

Webエンジニアもその専門的な作業をするエンジニアの一人ということで、より高度な技術と知識が求められるようになっています。しっかりとしたスキルを持つプロフェッショナルということで、実績によっては高い年収・給料を期待することができます。とはいえ、Webエンジニアという職業はまだこの分野における認知度が低いことや実際に働く人が少ないということもあり、会社によってかなりの条件の違いがあります。一般的な相場としては、年収400万円程度だとされていますが、企業やスキルによっては高収入を得ることもできます。かなりの専門性を持つエンジニアになると、1,000万円を超える給料を得ている人もいます。そのため、しっかりと稼ぎたいと考えているのであれば、まずは自分のスキルをきっちりと磨き実績を積むこと、そしてより良い条件を提示してくれる会社を探すことが大事です。

給料の支給方法についてはいろいろなタイプがあります。一般的な月給制のところもあれば、年俸制を採っているところもあります。企業によって給料の仕組みがずいぶん異なりますので、事前にチェックするようにしましょう。各種手当はどのくらいつくのか、昇給制度はどうなっているのかなどです。特に、Webエンジニアは納期に追われることが多い仕事ですので、納期近くになると残業が続くことがあります。そのため、残業代はどのような基準で支給されるのか、サービス残業となることなくきちんと残業がカウントされるかなどの情報を入手しておくことも大事です。もちろん年俸制となると、こうした手当が付くことは基本的にはありませんので、トータルでしっかりと稼げるのはどちらかを計算しておくようにもしましょう。

Webエンジニアの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016 Webエンジニア転職まとめ All Rights Reserved.