Webエンジニアのポートフォリオ

Webエンジニア求人TOP >> Webエンジニアの転職のポイント >> Webエンジニアのポートフォリオ

Webエンジニアのポートフォリオ

ポートフォリオという言葉はいろいろな場面で用いられますが、Webエンジニアの転職に関係するポートフォリオとは、自分のスキルを証明するために見せる作品集のようなものです。Webエンジニアは、それぞれのスキルと実績がものを言うことが多く、どの大学を出ていたか、年齢はいくつかということはあまり重視されません。その分、自分のスキルをいかにアピールできるかということが、転職を成功させる単に欠かせないものとなります。とはいっても、何らかの資格を持っていればそれだけで能力を証明できるという類の仕事ではありませんので、それぞれのスキルを示すのは骨が折れる作業です。口で説明してもなかなか理解してもらうことは難しいものですので、自分がどのようなサイトプログラムを開発できるかを実際の作品によって見せるというのが効果的なのです。

いろいろなことを説明するより、自分のプログラムを見せればすぐに分かってもらえるということで、多くの企業では面接の際にポートフォリオを持参することを条件にしています。また、特にポートフォリオを持ってくるようにという指示がないとしても、実際にポートフォリオを見せることで、良い印象を与えることができますし、効率よく自己アピールをすることができますので、Webエンジニアとしての転職を考えているのであれば、まずこのポートフォリオを作るようにしましょう。

ポートフォリオを作る際には、それが面接用の物であるという意識で制作する必要があります。というのも、面接の際に用いることができる時間はとても短いため、短時間でしっかりと自分の技術とアイディアを見せられるようにしなければならないからです。それで、立ち上がりと移動が軽く、サクサクと見られるようなプログラムを三つ四つ作るのが理想的でしょう。あまり大きくて重いプログラムにしてしまうと、見せるのに時間がかかってしまい、あまり効率がよくありません。

また、自分の作品を見せる際には、それを上手に説明できるような準備をしておくことも重要です。単にプログラムを見せるだけでは、その良さが分からないという技術畑ではない担当者もいますので、プログラムの詳細、工夫した点などをエンジニアではない人にも分かりやすいように説明できるような練習をしておきましょう。実際の現場では、周りのスタッフや技術的なことをあまり知らない上司に理解しやすいように説明するというのも大事な業務ですので、重要なポイントと言えるでしょう。

Webエンジニアの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016 Webエンジニア転職まとめ All Rights Reserved.