Webエンジニアの開発環境

Webエンジニア求人TOP >> Webエンジニアの転職コラム >> Webエンジニアの開発環境

Webエンジニアの開発環境

Webエンジニアは、複雑なプログラムを実装することが仕事ですし、ECサイトでの導入など、そのプログラム自体がサイトの目玉となることが多いものです。そのため、ちょっとしたミスが生じたり、使いづらい部分などが出てしまったりすると、サイト運営会社に大きな打撃を与えることになります。そのため、アップする前に何回もチェックを重ね、完全な状態でサービスを開始できるようにしておく必要があります。こうした作業を支援するためには、効率の良い開発環境を持つことが大事です。それで、多くのWEB制作会社、ECサイト運営会社では、Webエンジニアのために使いやすい開発環境を整えています。

中でも重要なのが、ローカル開発環境です。開発したプログラムはすぐにサーバーに載せるのではなく、ローカルサイドで動作確認を細部に至るまで行います。その上で、しっかりとミスなく動作することが確認できたら、サーバーに入れてサービスを始めるのです。そのために、各社ではいろいろなローカルチェックプログラムを使用しています。代表的なものとしては、OracleのVirtualBoxが挙げられます。パソコンを仮想のサーバーに仕立てて、実際の運用に近い形でプログラムの機能を確かめることができます。また、こうしたプログラムと連動させていろいろなテスト用のプログラムを導入しているところも多くあります。

また、こうしたローカル開発環境に加えて、どのOSを使って開発を行っているか、ハードウエアはどれを使っているかというのも重要なポイントです。OSは基本的にLinuxを使っているところが多くなっていますが、それぞれの企業でバージョンの違いなどがありますので、仕事を始める前に確認しなければなりません。慣れてしまえば大丈夫ですが、違うOSやハードを使うと、かなり勝手が違うものですので、自分に合った開発環境かを知るのはとても重要です。

このように、転職先の会社を決める時には、どのような開発環境で業務が行われているかを確認すると良いでしょう。仕事の効率や出来上がりにも影響することですので、より快適な環境で働けるように仕事先を開発環境という観点から決めることもできます。ともすると、年収や就業時間、休日などの雇用条件にばかり目が行ってしまいがちですが、仕事自体を快適に進めるという意味でも、志望会社を決めて転職活動を始める前に、こうしたポイントを考えるようにしましょう。

Webエンジニアの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016 Webエンジニア転職まとめ All Rights Reserved.